2013年07月28日

【韓国】3日に一人の割合で女性が暴力で殺害され、 凶悪犯罪の被害者10人中8人が女性

【韓国】 凶悪犯罪の被害者10人中8人が女性
http://translate.google.co.jp/translate?sl=ko&tl=ja&js=n&prev=_t&hl=ko&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fnews.heraldcorp.com%2Fview1.php%3Fud%3D20130628000037%26md%3D20130701003754_AT&act=url

[ヘラルド新鮮ニュース]私たちの社会が安全であると感じる女性は11%に過ぎず、犯罪から安全であると感じる場合は、6.8%にしかならないことが分かった。 特に凶悪犯罪の被害者の83%が女性であり、女性の被害者もますます増えることが分かった。

女性家族部と統計庁が最近発表した'2013統計で見る女性の生活によると、社会の安全を認識調査では、女性の11.2%だけが "全般的に安全だ"と感じると答えた。 "犯罪の危険から安全である"との回答は6.8%に過ぎなかった。

特に殺人、強盗、放火、強姦などの凶悪犯罪(凶悪)で女性が被害者の比率は2000年71.2%から2011年83.8%へと大幅に上昇した。 凶悪犯罪の被害者のうち、女性の被害者は、2000年6245人から2011年2ミャン3544人と大幅に増えた。

女性緊急電話(1366)を利用した相談件数は22万3000件で、前年(19万1000件)より3万2000件に増えた。 緊急電話を通じた女性の相談内容を見ると、 "家庭内暴力"が全体の相談件数の42.6%で最も多く、以下は、性暴力(5.4%)、家族の問題(4.6%)、夫婦の葛藤(3.9%)などの順と明らかになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【韓国】家庭暴力・デート暴力に死ぬ女性たち, どうして増えようか
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eko_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy5vaG15bmV3cy5jb20vTldTX1dlYi9WaWV3L2F0X3BnLmFzcHg/Q05UTl9DRD1BMDAwMTg0MTgxOQ==,qfor%3D0

韓国女性儀典化が 2012年 1月から 12月まで言論に報道された殺人事件を分析した結果, 2012年一年の間ご主人や恋人など親密な関係にある男性によって殺害された女性は最小 120人, 殺人未遂で生き残った女性は最小 49人で現われた. このような犯罪を阻んでから, あるいは阻んだという理由でお子さんや親など罪のない 35人も重傷を負うとか命を失った. これはマスコミ報道のみを分析した結果という限界を勘案しても 2011年よりずっと増えた数値だ(2011年総 84件, 2010年 128人, 2009年 77人/ 各殺人未遂含み, お子さんなど知人被害除外).

これによれば, 最小 3日に 1人の女性がご主人や恋人など親密な関係にある男性によって殺害されているし, 未収まで含めばおよそ 2日に 1人の女性が殺害されるとか殺害される脅威に処している. だけでなく被害女性たちのお子さん, 親, 知人, 隣り等にも深刻な被害が発生したが, これらを含めば毎週最小 4人が妻暴力やデート暴力で命を失うとか重傷を負っていることと見える.

それにもかかわらず, 犯罪予防のための一番基礎的な資料になる国家の公式統計は相変らず不在する. 最高検察庁の '2012年犯罪分析'にも血・加害者の性別だけ仕分けされているだけ, 殺人犯罪の性別的特性が分かる情報は非常に不十分だ. 殺人にまで至る女性暴力犯罪を根絶するためには女性暴力関連性別分離統計が一番先に施行されなければならないし, これを土台で細密な犯罪予防政策を樹立しなければならない.

家庭暴力やデート暴力で死亡した女性たちの年齢を見れば 40台一番高いことで現われたがその外年齢でもその数が少ないとできなくて, 女性は私は生涯にかけて親密な関係と暴力を一緒にする状況に置かれていると言える.

以下、省略
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国では3日に一人の割合で女性が夫や彼氏に殺害されている。
これは報道された事件だけの統計で実際はもっと多い。

韓国の凶悪犯罪の被害者は80%が女性、これは女性の人権の低い、インド、南アフリカ、サウジアラビアの約30%より高い。

韓流に浮かれる女性は実態を知らない。
韓国人男性はロマンティックでサポートも上手など韓流ドラマの創られた嘘情報を信じてしまっている。
現実を知っていただきたい!
posted by あがさ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

日韓基本条約 英文

"The World and Japan" Database Project

Database of Japanese Politics and International Relations

Institute for Advanced Studies on Asia, University of Tokyo

[Title] Agreement on the Settlement of Problems Concerning Property and Claims and on Economic Co-operation between Japan and the Republic of Korea.

[Place] Tokyo

[Date] June 22, 1965

[Source] United Nations Treaty Collection

[Notes] Quote from the United Nations Treaty Collection: "Translation by the Government of Japan. The Secretariat also received an English translation of this agreement from the Government of Republic of Korea which on certain points differs from that provided by the Government of Japan. At the request of the Government of Republic of Korea, these differences have been shown by printing in italics the pertinent word of phrase in the translation of the Government of Japan and providing in square brackets the corresponding expression in the translation by the Government of the Republic of Korea."

[Full text]

Japan and the Republic of Korea,

Desiring to settle [the] problem concerning property of the two countries and their nationals and claims between the two countries and their nationals; and

Desiring to promote the economic co-operation between the two countries;

Have agreed as follows:

Article I

1. To the Republic of Korea Japan shall:

(a) Supply the products of Japan and the services of the Japanese people, the total value of which will be so much in yen as shall be equivalent to three hundred million United States dollars ($300,000,000) at present computed at one hundred and eight billion yen (\108,000,000,000), in grants [on a non-repayable basis] within the period of ten years from the date of the entry into force of the present Agreement. The supply of such products and services in each year shall be limited to [shall be such] such amount in yen as shall be equivalent to thirty million United States dollars ($30,000,000) at present computed at ten billion eight hundred million yen (\10,800,000,000); in case the supply of any one year falls short of the said amount, the remainder shall be added to the amounts of the supplies for the next and subsequent years. However, the ceiling on [Does not appear in the English translation provided by the Government of the Republic of Korea] the amount of the supply for any one year can be raised [increased] by agreement between the Governments of the Contracting Parties.

(b) Extend long-term and low-interest loans up to such amount in yen as shall be equivalent to two hundred million United States dollars ($200,000,000) at present computed at seventy-two billion yen (\72,000,000,000), which the Government of the Republic of Korea may request and which shall be used for the procurement by the Republic of Korea of the products of Japan and the services of the Japanese people necessary in implementing the projects to be determined in accordance with arrangements to be concluded under the provisions of paragraph 3 of the present Article, within the period of ten years from the date of the entry into force of the present Agreement. Such loans shall be extended by the Overseas Economic Cooperation Fund of Japan, and the Government of Japan shall take necessary measures in order that the said Fund will be able to secure the necessary funds for implementing the loans evenly each year.

The above-mentioned supply and loans should be such that will be conducive to the economic development of the Republic of Korea.

2. The Governments of the Contracting Parties shall establish, as an organ of consultation between the two Governments with powers to recommend on matters concerning the implementation of the provisions of the present Article, a Joint Committee composed of representatives of the two Governments.

3. The Governments of the Contracting Parties shall conclude necessary arrangements for the implementation of the provisions of the present Article.

Article II

1. The Contracting Parties confirm that [the] problem concerning property, rights and interests of the two Contracting Parties and their nationals (including juridical persons) and concerning claims between the Contracting Parties and their nationals, including those provided for in Article IV, paragraph (a) of the Treaty of Peace with Japan signed at the city of San Francisco on September 8, 1951, is settled completely and finally.

2. The provisions of the present Article shall not affect the following (excluding those subject to the special measures which the respective Contracting Parties have taken by the date of the signing of the present Agreement):

(a) Property, rights and interests of those nationals of either Contracting Party who have ever resided in the other country in the period between August 15, 1947 and the date of the signing of the present Agreement;

(b) Property, rights and interests of either Contracting Party and its nationals, which have been acquired or have come within the jurisdiction of the other Contracting Party in the course of normal contacts on or after August 15, 1945.

3. Subject to the provisions of paragraph 2, no contention shall be made with respect to the measures on property, rights and interests of either Contracting Party and its nationals which are within the jurisdiction of the other Contracting Party on the date of the signing of the present Agreement, or with respect to any claims of either Contracting Party and its nationals against the other Contracting Party and its nationals arising from the causes which occurred on or before the said date.

Article III

1. Any dispute between the Contracting Parties concerning the interpretation and implementation of the present Agreement shall be settled, first of all, through diplomatic channels.

2. Any dispute which fails to be settled under the provision of paragraph 1 shall be referred for decision to an arbitration board composed of three arbitrators, one to be appointed by the Government of each Contracting Party within a period of thirty days from the date of receipt by the Government of either Contracting Party from the Government of the other of a note requesting arbitration of the dispute, and the third arbitrator to be agreed upon by the two arbitrators so chosen within a further period of thirty days or the third arbitrator to be appointed by the government of a third country agreed upon within such further period by the two arbitrators, provided that the third arbitrator shall not be a national of either Contracting Party.

3. If, within the periods respectively referred to, the Government of either Contracting Party fails to appoint an arbitrator, or the third arbitrator or a third country is not agreed upon, the arbitration board shall be composed of the two arbitrators to be designated by each of the governments of the two countries respectively chosen by the Governments of the Contracting Parties within a period of thirty days and the third arbitrator to be designated by the government of a third country to be determined upon consultation between the governments so chosen.

4. The Governments of the Contracting Parties shall abide by any award made by the arbitration board under the provisions of the present Article.

Article IV

The present Agreement shall be ratified. The instruments of ratification shall be exchanged at Seoul as soon as possible. The present Agreement shall enter into force on the date of the exchange of the instruments of ratification.

IN WITNESS WHEREOF, the undersigned, being duly authorized thereto by their respective Governments, have signed the present Agreement.

DONE in duplicate at Tokyo, in the Japanese and Korean languages, both being equally authentic, this twenty-second day of June of the year one thousand nine hundred and sixty-five.

For Japan:

Etsusaburo SHIINA

Shinichi TAKASUGI

For the Republic of Korea:

TONG WON LEE

DONG JO KIM
posted by あがさ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

跡形もなくなったウラジオストクの安重根記念碑

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/15/2013071501340.html

跡形もなくなったウラジオストクの安重根記念碑

「あっ、記念碑がなくなっている。ここにあったはずなのに」

 今月7日午後3時ごろ、ロシア・ウラジオストクの国立医科大学構内にある小さな空き地。安重根(アン・ジュングン)の抗日運動の足跡をたどり、ここを訪れた韓国の大学生27人は、何もないその場所を見て絶句した。大学生たちを引率した「安重根義士崇慕(尊び慕う)会」の関係者たちも当惑を隠せなかった。

 この場所には昨年まで、横1メートル、縦2メートルほどの大きさ(土台を含む)の「安重根義士記念碑」が立っていた。2002年にソウル保健神学研究院がウラジオストク国立医科大学と協定を締結した際、ウラジオストクで抗日運動に従事していた安重根をたたえるために建立したものだ。花こう岩でできた記念碑には「人類の幸福と未来 民族の英雄 安重根義士」という碑文が刻まれていた。

 だがこの日、大学生たちは2本の鉄筋が寂しげに立っているだけの記念碑の土台を目の当たりにした。記念碑がなくなったという事実は、海外での抗日運動について研究する一部の学者たちだけに知らされていたが、記念碑を誰がどこに、なぜ持ち去ったのかについては明らかになっていないという。

 大学生たちと一緒に現場を訪れた延世大学のオ・ヨンソプ教授(52)は「抗日運動を記念する施設を設置するにはロシア政府の許可を受けなければならず、毎日管理するだけの余裕もないため、記念碑が知らない間に撤去されたとしても、韓国人はそれをすぐに知ることができなかった」と残念そうに話した。

 大学生たちは、安重根が1907年にウラジオストクに渡って抗日運動に身を投じ、09年10月26日に中国・ハルビン駅で日本の韓国統監府初代統監だった伊藤博文を暗殺し、翌年3月に大連市の旅順監獄で処刑されるまでの足跡をたどり、今月5日に韓国を出発、8泊9日間の旅をしていた。

 安重根の記念碑が撤去されたことを確認した次の日、一行は独立軍が日本軍との戦いに初めて勝利した中国吉林省図們市の「鳳梧洞の戦い(1920年)」の戦跡を訪ねた。一行はここでも、記念碑が空き地の片隅に放置されているのを目の当たりにした。管理事務所側は「リニューアル工事を行っている最中のため、一時的に撤去した」と説明したが、ツアーに参加したチン・スリョンさん(20)=淑明女子大学経営学科2年=は「命を懸けて国を守るため戦った独立運動家たちの足跡が、こんなみすぼらしい状態になっていて、とても残念だ」とうなだれた。

 ツアーの8日目、一行は安重根が『東洋平和論』を執筆し、最後まで韓国独立への熱意を燃やし続けた旅順監獄を訪れた。安重根が最後の瞬間までいた独房や、処刑された場所などを見て回った。ところが、安重根の遺体が埋葬されたと推定され、発掘作業が行われた監獄近くの場所には、数年前からマンションなどの建設が始まった。多くの無名の人々が命を落とした場所で、学生代表のイ・ヨンジュンさん(33)=国民大学大学院=は「抗日運動の痕跡が忘れ去られていくのは心苦しい」と話した。

 一行を率いた成均館大学のイ・ヨンオク名誉教授(67)は「大学生たちは安重根の歩んだ道をそのままたどり、忘れ去られていく抗日運動の精神を呼びさましたようだ。安重根の行動を見習い、学生たちもそれぞれの立場で最善を尽くす、現代的な意味の『義士』になることを望む」と語った。

ウラジオストク、ハルビン、大連=チェ・ヨンジン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だから韓国以外じゃ一国の首相を殺したテロリストなんだってば。。。
安重根を見習ったら、目的のためなら手段を選ばない過激な人物になるやろおぉぉぉぉ
あ、今でもそんな国やったわ

posted by あがさ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする