2013年08月21日

赤い十字架の教会に気をつけましょう!

【インド】孤児院運営の韓国人宣教師、10代の少女たちを常習的に性暴行

インドの田舎の村で孤児院を運営している韓国人宣教師チェ(75)さんが
数年間常習的にインド現地の10代の少女たちを性暴行した衝撃的な事実が明らかになった。

このような事実は、インドの現地メディアで暴かれたことはもちろん、詩人リュ・シファさんが
この内容を最近、自身のフェイスブックに上げたため国内でも波紋が広がっている。

リュ詩人は自分のフェイスブックに「インディア・タイムズで報道されインド人たちの公憤をかい、
バンガロール地域に反韓感情まで起こさせたとても恥ずかしい事件」としながら
「私たちは許される資格もない。あなたの大きな目を私たちがどのように見れるでしょうか」と書いた。

インドの有力メディアである"インディア・タイムズ"は先月25日から「南インドのバンガロールで
孤児院を運営する韓国人宣教師チェ氏が少女を強姦した疑いで起訴された」と報道した。

この報道によると、被害者であるカマルラ(仮名)は8歳の時に孤児院に預けられたことが分かった。
カマルラは「13歳の時からチェさんの性的暴行が始まった」と警察に供述した。
チェさんはお風呂の時にカマルラの隠密な部位を触るなど性醜行を日常的に行い、
自分の職員に性暴行している場面をビデオに撮影までしていた。
カマルラは抵抗したが、「孤児院から追い出すぞ!」という脅迫に性的暴行を黙認せざる得なかったことが分かった。

だが、数年が経過した先月、インドの現地メディアがチェさんの蛮行を暴露しカマルラの被害事実も明らかになった。
児童養護施設から脱出するために2006年に結婚したカマルラは、結局この事で夫からも追い出されたと発表された。
宣教師チェさんは、地元警察の捜査が始まった直後、北インド地方で逃走していたが、最近、警察に検挙された。
(中略)
現在75歳のチェは50代前半までタクシー運転をした後、
1カ月で宣教師の資格を受けバンガロールに派遣された。 英語が上手なわけでもなく、
小学校卒業の神学を勉強したこともなかったが、彼は意志を破ることができず向かったのである。
その後20年の間に彼はバンガロールで宣教活動をして院生(院生)殺人容疑まで受けたこともある。

インドタイムズで暴かれインド人たちの公憤を買ってバンガロール地域に反韓感情まで泡立てた
恥ずかしい事件について、韓国のキリスト教関係者たちの反応は一言で無関心、無責任である。

ソース(韓国語)
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/08/20/2013082001964.html?news_Head1

引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1377015775
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
赤い十字架の教会は韓国系キリスト教会です。

ニュースに上がってこないので、ほとんど知られていませんが、韓国人牧師・韓国人宣教師が過去、多くの信者を強姦した事件は数限りなくあります。

日本でもアメリカでもです。

赤い十字架の教会に気をつけましょう!
posted by あがさ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

韓国応援団「レッドデビルズ」の意味不明、それでも日本にイチャモンつける"嘘つきは泥棒の始まり"

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130809/wsp13080907010006-n1.htm

韓国応援団「レッドデビルズ」の意味不明、それでも日本にイチャモンつける"嘘つきは泥棒の始まり"

 サッカー東アジア・カップの日韓戦で「歴史を忘れた民族に未来はない」との横断幕を掲げた韓国の応援団は「レッドデビルズ」というらしい。彼らは何をしに、スタジアムにやってきたのだろう。

・"イチャモン"のために?

 というのは、国際サッカー連盟(FIFA)の処分という後難を恐れた韓国サッカー協会側の要請で、ハーフタイムに横断幕を撤去した後、鳴り物や声援による応援をボイコットしたのにとどまらず、多くがスタジアムから帰ってしまったからだ。ピッチで取材したカメラマンによると、試合終了時にはかなり空席が目立つような状況になっていたという。

 その行動を見ると、彼らがスタジアムに来た目的は、韓国代表チームを応援するためではなく、自分たちの横断幕を掲げたかっただけのように思える。つまり、日本に"イチャモン"を付けたかっただけではないのか。

 この「レッドデビルズ」の行動は「選手を奮い立たせるべき応援団が役割を放棄した」などと韓国内でも批判を浴びているが、それに対する言い訳もメチャクチャだ。

・横断幕は先祖の名言...不思議な言い訳

 韓国紙中央日報(日本語電子版)によると、「レッドデビルズ」は公式ホームページで「試合中に応援を中断したことは弁解の余地がない」と謝罪したうえで、「(日本の応援団は)私たちより扇情的な横断幕を掲げていた」と旭日旗に難癖を付けた韓国サッカー協会と同様に、日本側に非があるような独善的な主張を展開した。

 さらに、横断幕の文言については「私たちが私たちの言葉で、私たちの選手に精神武装させる先祖の名言が政治的な主張になるのか、よく分からない」と摩訶(まか)不思議な釈明を行った。

 「歴史を忘れた民族に未来はない」が先祖の名言なら、「嘘つきは泥棒の始まり」や「口は災いの元」といった「ことわざ」も知っておいてほしいものだ。そういった自身を戒める先祖の名言は、韓国には存在しないのだろうか。

・助言は永久追放

 こんなハチャメチャな応援団を抱える韓国サッカー協会も大変だ。いくらFIFAの規定に抵触すると諭しても、独自の論理で悪びれないどころか、逆ギレして応援をボイコットするような悪態をつく。まるで聞き分けのない子供のようだ。

 韓国サッカー協会は横断幕を撤去するよう要請したことを強調し、自身に火の粉がふりかかるのを防ごうとしているが、彼らのために助言するとすれば、イングランドなどの悪質なフーリガン対策のように、人定を行ってスタジアムから永久追放した方がいいのではないか。

 もっとも、韓国内の反日世論に異常に気をつかう韓国サッカー協会には、とても無理な相談だろうが...。

(北川信行)
posted by あがさ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

世界に嘘つきまくる韓国の"奇妙"、横断幕事件でも稚拙な嘘、嘘...身のほどわきまえない"欲深さ"が理由

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/topics/west_affairs-19464-t1.htm

世界に嘘つきまくる韓国の"奇妙"、横断幕事件でも稚拙な嘘、嘘...身のほどわきまえない"欲深さ"が理由 産経ニュース 

 サッカー東アジア・カップ男子日韓戦で韓国応援団が「歴史を忘れた民族に未来はない」とハングルで大書された横断幕を掲げた問題は、日韓の新たな火種となった。韓国サッカー協会は、試合前に日本のサポーターが旭日旗を振ったことに憤慨し横断幕を掲げたと説明するが、どうも辻褄(つじつま)が合わない。すると、あの巨大な横断幕はいつ用意されたのだろうか? 旭日旗に憤慨したのなら、なぜ正規の手続きで堂々と抗議をしないのか? 国際社会に対し「ウソ」をついているのなら、それは許されるのか...。

・明らかな犯意...許されないウソ

 横断幕が掲げられたのは7月28日の日韓戦。幕は30〜40メートルもの長さで、試合開始と同時にスタンド2階席からつるされた。その試合開始直前には、初代韓国統監の伊藤博文元首相を暗殺した、朝鮮半島出身の安重根(アンジュングン)の巨大な幕も観客席に広げている。

 韓国サッカー協会は後日、大会主催の東アジア連盟に対し、「歴史を忘れた民族に未来はない」とした横断幕を掲げたのは、日本のサポーターが旭日旗を振ったことが発端とする文書を提出した。

 旭日旗は、朝日と太陽光を示す複数の赤い線が描かれた旗で、戦前は日本の陸海軍が軍旗として使っていた。戦後は陸上自衛隊が自衛隊旗、海上自衛隊が自衛艦旗として用いている。

 旭日旗をみて憤慨した韓国人サポーターはいたのだろう。だが、横断幕と、安重根の幕は2010年11月の日韓戦でも掲げられている。日韓戦では常時携帯しているのではないか。

 百歩譲って、韓国サッカー協会が主張する「旭日旗をみて憤慨し、横断幕を掲示した」のが事実だとしても、事前に準備し、犯行の機会をうかがい、その上で実行に移したのだから、"犯意"は明らかだ。むしろ厳しく罰せられなければならない。

「その国の民度が問われる。スポーツの場で政治的なメッセージが掲げられたのは遺憾だ」

 下村博文文部科学相はそう批判したが、それは事が起きた後の対応の拙(まず)さに対する強烈な批判でもある。

・世界水泳開催決定のはずが... ここでもウソ

 韓国が国際社会に対し、堂々と「ウソ」をつくのは、何もサッカーに限らない。世界水泳選手権でも同様のことが起きている。

 スペイン・バルセロナでの今大会開幕に先立ち、国際水泳連盟(FINA)は、2019年の開催都市に韓国・光州市が決まったと発表した。しかし、これをめぐって、あり得ないような「ウソ」が発覚した。光州市が大会運営にかかわる重要な書類を偽造していたというのだ。

 韓国メディアによると、韓国政府は当初、光州市が大会を招致する場合は「積極的に支援する」としていた。ところが、同市の招致委員会はFINAに対し、「11年大邱(テグ)世界陸上選手権と同等の1億ドルを支援する」と書き換えた文書を送付した。つまり大会運営にかかわる財政に問題はないと"偽装"したのだ。財政が逼迫(ひっぱく)状況にあることを隠すために。

 招致委は一職員の誤記と説明しているというが、韓国の文化体育観光部は、政府の財政文書を偽造(公文書偽造)したとして、検察に対しに招致委に対する捜査を依頼した。

 韓国紙・中央日報(電子版)は社説で、明白な国紀紊乱(びんらん)行為とした上で、こう指摘している。

「今回のことの核心は、地方自治体の身のほどを越えた欲深さにある」

 韓国の自治体は赤字でない自治体がないほど、財政に逼迫している。にもかかわらず、「身のほどを越えた」国際大会を招致しているという指摘だ。

 朝鮮日報によると、韓国にある244自治体の債務総額は昨年末で27兆1252億ウォン(約2兆4259億円)。5年間で約9兆ウォンも増えた。債務が1兆ウォンを超えるのは京畿道やソウル市など8カ所。半数を超える123自治体が地方税収入だけでは人件費が賄えない。財政自立度は13年が51・1%で、来年には50%を割る見込みだという。

 そんな中で、光州市のように国際大会誘致を進める自治体が少なくない。例えば、14年にアジア大会を開く仁川市は2兆8千億ウォンもの債務を抱え、競技場建設予算約1兆6千億ウォンの大半の支出を政府に求めている。

 要するに身のほどを知らないから、結果、ウソをつかざるを得なくなる。

・ウソをついていい国?

 韓国メディアによると、韓国では、法廷での虚偽証言やウソの告訴・告発が多いほか、保険金詐欺の摘発件数が増えたり、交通事故の入院率が高いとされる。

 これらは何を意味するのだろうか。

 社会のルールや、まっとうな感覚より自己利益、自己都合を優先し、ウソはついてもいいという体質ではないか。サッカーでの反日パフォーマンスをめぐる"主張"も、そのまま当てはまる。

 すでに西日本最大で、大阪・生野のコリアタウンの在日コリアンからは「韓国は日本に構ってほしいという不治の病にかかっている」との声もあがる。同胞からもあきれられる現状をどう感じるのか。

 虚言ばかりを発信し続ければ、世界の誰もが信用しなくなるのも当然だ。
posted by あがさ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。