2012年05月06日

パチンコ問題 「反パチンコ 桜井誠 講演会 5/3」




5/3「桜井誠 講演会」要約(思い出せる部分だけ)
桜井誠氏のお話はユーモアに富み面白く、それでいて大変分かりやすいお話でした。

・パチンコ協会に「日本中にある全てのパチンコを止め、全廃しろ」と申し入れをしたら、広島のヤーさんから『桜井誠は金で話がつく相手なのか?』と連絡があった。仲介した人が『桜井はそんな男ではない!』と断った。「私(桜井)はお金が大好きでございます。勝手に断らないようにしてください。よろしくお願いします」とまずはギャグでお客さんの心を掴んでスタート。

・パチンコ協会へ行ったら、黒服の男達がザーッと並んで警備していた。警察であのお男達は誰なのか聞いたら『あれは元警察署のOBです』(警察とパチンコ業界の癒着が酷い!これすごく恥ずかしいこと。ぜひ警察、警察OB会へ抗議しよう!)

・地方のテレビ局→不景気になりパチ屋がスポンサー、パチンコのCMだらけ。パチンコ問題について取り上げられない。

・北朝鮮問題。
北朝鮮の国家予算約3200億円。日本の国会で報告された北朝鮮への送金年間700億円(報告されていないお金があるはず。実際はもっと多いだろう)。ロケット打ち上げに使われた金額約600億円。
国家予算3200億円の国が600億のロケットを打ち上げられる訳が無い。あきらかにパチンコマネーが使われている。日本人は自分で自分の首を絞めている。

・六本木の闇カジノ、パチンコと同じ3点方式(パチンコの景品→交換所で現金に換える)で「賭博法違反で摘発」!って言うことはパチンコは違法賭博!
なぜパチンコの3点方式は摘発しない!?ここでも警察とパチの癒着が問題。

・約500台の中型店舗で1ヶ月経費が約4000万かかる。売り上げをそれ以上5000万以上は上げないといけない。何も作っていない、何も売っていないのに売り上げが5000万。だからパチンコは何も生み出さない0産業。客はただお金を捨てているだけ。

・三重の12月31日パチンコ24時間営業(伊勢参りの客へトイレを貸すためという名目)特別条例へも言及。去年、在特会が三重へ止めるよう陳情を出した。本当は請願にしたかった。請願は三重の県会議員の賛同が必要。県会議員に当たってみたが真剣に取り上げてくれる議員がいなかった・・・(三重に住んでいる県民の意識改革が必要)

・韓国民団の機関紙に「パチンコと貸金業は民団の基幹産業」とはっきり記載。日本が大嫌いな国へ日本人は貢いでいる。そして、ギャンブル依存症という病気になり、家庭内不和、パチンコが原因の自殺(年間約3000名)、犯罪を生んでいる。

と、まぁパチンコの害悪を中心に書きましたが、パチンコは30兆円産業→20兆円産業とあきらかに衰退してきております。

・もしパチンコが衰退したら
『テレビ局がパチンコ問題隠蔽、在日の犯罪を隠蔽、韓国の危険性の隠蔽、韓国賛美などを止めさせることができる』

『北朝鮮への送金が減る。ロケット開発、原発実験を止めさせることができる』

『警察との癒着を止めさせられる』

『政治家への献金が減り、在日問題を取り上げてもらえる』

身近にパチンコに嵌っている人がいたら、ぜひ、パチンコの怖さを伝えましょう!
パチンコをやめさせましょう!
posted by あがさ at 09:04| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする