2012年05月11日

国政モニター意見 メモ

先日「就職活動失敗による若者の自殺者増加」のニュースが流れましたがさもありなんです。3月末、公務員新規採用5割削減との決定がなされました。円高・デフレ・電気料金高騰による日本企業の倒産・海外移転が進み就職口も少なくなっているのに、そこを正すこともせず、若者の就職先をさらに狭めている。賃金が高い高齢の公務員を削減すれば予算の圧縮になるのに賃金の安いものから減らすとは本末転倒である。さらには外国人留学生へのいきすぎた優遇政策も問題である。日本の大学生の就職率が60%の中、外国人留学生の就職斡旋をすすめ、日本人の若者の就職先を狭めている。外国人留学生は学費などを無償貸与、日本人の若者へは奨学金を返済させ返せなければ裁判までおこしている。これでは若者の自殺が増えるのは当たり前である。少子化対策といいながら日本の若者を追い詰めて減らしているのは現与党ではないか?早急な対策を希望する。

最近ニュースで少年犯罪の報道を目にする。若者の自分自身への甘さが目に余る。犯罪を犯すことへの罪悪感の少なさは異常だ。少年は判断力が足りない部分もあるが、若者独特の「怖いもの知らず」「自分は何でもできると思い込む」「暴走する」等の性質から来るものだ。少年達は自分達が捕まればどういった罰を受けるかをよく承知している。「二十歳前は氏名公表がないからおいしい」「若いうちは刑罰が甘いから若いうちにやってやろうぜ!」と言うのには驚愕する。過去のコンクリート殺人事件を覚えているだろう。少女は40日もの間、暴行と強姦を受け続け恐怖により脳が溶け髪は抜け、顔も性器もグチャグチャに崩れて発見された。少年の一人は少年院を出てからも「何人殺しても同じ」と再び監禁強姦事件を犯している。かの少年達は今もどこかで笑って過ごしているのだ。女性にとってどれだけの恐怖かわかるだろうか?

海外に住む親戚の扶養控除は3親等までに変えよう!
日本に住む外国人は海外に住む親戚7親等まで扶養控除できるので、在日中国人などがこの制度を利用し所得税0になっている現状があります。昭和25年以来ですから60年以上になります。今は中国も韓国も経済が豊かになりました。グローバル化も進み東南アジアの諸国も豊かになりつつあります。この制度は時代遅れです。 日本は豊かといえども震災の影響、円高の影響で経済の行き詰まりがあります。そのため国内の借金が増え、増税まで叫ばれています。もう海外に住む親族の扶養控除は3親等までの控除とし、外国人からもきっちり税金を取りましょう。そして日本の借金を減らしましょう! この制度を変えずに増税を叫ぶのはナンセンスです!

液体天然ガス韓国と共同調達へとのお話が進んでいるようですが、これ日本がお金を出して韓国を助けるだけになりそうですね。韓国は現在大手銀行が経営不振で営業停止したり、国民の個人負債がスペイン並に深刻で、日本の銀行に韓国政府がお金を借りなければいけないほど経済が傾いています。海外にも借金だらけで信用が無く、日本も韓国に約70兆円ものお金を貸したまま返済が滞っています。前年度は韓国に5兆円ものスワップで支援を約束しました。それに対し韓国は日本に感謝していますか?日本への借金を返しもしないのに感謝どころか「謝罪と賠償」を叫び、海外で日本下げの行動を強めています。反日政策を止めなければ、借金を返すよう強く要請しなければなりません!日本が取るべき政策は、これ以上、韓国にお金を渡し甘やかすのではなく、日本への攻撃を止め、韓国国内の反日教育を減らすよう訴えることだと思います。

日本の社会主義化、共産主義化を懸念する
最近、ネットや国民の言論・表現の自由を規制しようとする法案が多数提出されている。まずダウンロード規制法が成立、人権侵害救済法案(これは名前をコロコロ変えて提出されている)の提出、そして今回はACTAが可決されようとしている。ご存知の通り日本は民主主義の国だ。思想・良心・言論・表現・結社・参政権の自由があっての民主主義だ。社会主義国や共産主義国は国が認めない思想を持ったものや政府批判したものを逮捕し強制労働所に送ったり刑務所に放り込んだりしているのは、よく知られたところだ。 アラブの民主化等、世界の民主化はまさに国民の自由な意思を反映したものであり、自由な発言を保障しようとするものだ。世界の潮流は国民の自由な言論を守る方向へ向かっているのに日本は逆行している。無論、犯罪を助長する発言や犯行声明等は規制する必要はあるが、国民の自由な発言・表現を規制する事は民主主義を脅かすものであり反対だ。

ネットが普及した現在、国際社会のおいて具体的な戦闘とは別に情報戦争の時代と言われています。情報戦争において我が国はお隣の中国と韓国にやられっぱなしです。中国はパラオにおいて貧しい家庭に無償でテレビを配り中国の国営放送を流し「中国は良い国」という印象を植え付けています。また中国は各国のウィキペディアを改竄し「尖閣諸島は古来から中国の国土」と書き換えています。韓国も同じです。韓国は「従軍慰安婦」について各国のウィキペディアに「日本軍の性奴隷20万人の若い女性を拉致」等と確たる検証もしていない歴史を勝手に書き加えています。ネットを使いお金を使い政治家に取り入りロビー活動に必死です。果たして日本は情報戦で勝てるのでしょうか?中国や韓国のように馬鹿高いお金を注ぎ込む必要はないと思いますが、研究し戦略をきちんと立ててこの情報戦を勝ち抜く必要があります。ぜひ、情報戦略室を創っていただきたいと思います!

選挙にかかるお金
日本の選挙はお金がかかりすぎていると思います。国を思い、志が高い者がいても、選挙にお金がかかりすぎるため立候補を断念する場合も多いのではないでしょうか?選挙に出ようとすると供託金、その他で何百万もかかります。売名行為や選挙妨害を目的とした立候補の乱立などは防げるかもしれませんが、主な先進国では高い国でも10万円、全く供託金がかからない国もあります。選挙資金がかかりすぎるため、裏で業者との癒着やら不審な団体やらに協力を頼むことになるのだと思います。昔ほど経済の成長もない世の中ですので、やはり今の供託金は高いと思います。せめて今の約半分になれば、志は高いが資金の乏しい若者も立候補しやすくなると思います。広報の方法もお金のかからないネットを駆使するなど工夫する必要があると思います。


います。

移民政策について
カナダで長い間、移民を緩やかに受け入れてきましたが、最近、受け入れを転換し移民を制限しました。他国移民は国民の雇用を奪い、習慣や国民性の違い等で治安悪化が国民の安全を脅かしているのがその理由です。また欧米でも移民規制強化を強めています。理由はカナダと同様ですが、それにプラスして移民が人権を盾に生活保護を求め、経済がひっ迫してきているのがもう一つの理由です。移民による自国民の雇用の減少、治安悪化、生活保護の外国籍の割合の大きさ等、欧米と同じ問題を日本も抱えています。日本はさらに問題があります。それは犯罪を犯した外国籍の犯罪者を国外追放せず、刑務所で税金を使って養っている事です。また簡単に日本籍が取れるため、政治に介入している事です。これほど外国人に配慮し、自国民を愚弄している国は他にありません。移民制限は世界的な流れであり、日本も自国民を守るため移民を制限するべきです!

昨年、在日中国大使館一等書記官のスパイ活動が発覚しました。これは氷山の一角でしょう。昨年12月に政権が代わり、前政権で総理官邸に出入りするIDカードがばら撒かれていたという事実も発覚しました。機密情報が抜き取られ放題だった訳です。また産業スパイの事件も多発しました。三菱重工で中国人社員がPCから機密情報を中国に送っていた事件がありました。三菱重工が扱っていたのは宇宙事業や軍需産業に関わる大変重要な内容です。相手の国の軍需拡大に関与する危険な物です。また日本は科学技術立国です。海外に日本の技術が盗まれれば大変な損失です。PCや携帯等、通信網でも中国や韓国企業から与えられた通信機器を簡単に購入、あるいは無料で配られているため通信網につなぎ、個人情報が洩れ放題です。日本はスパイ天国です!これは国家を揺るがす大問題です。早期にスパイ防止法の制定をお願いします!

日本人は政治に無関心。政治不信もあるだろうが誰がやっても同じと選挙にも無関心だ。しかし勿論、誰がやっても同じではない。政治が生活からかけ離れた事であると思っている人もいるのではないか?実際は税金や教育、医療や老後と生活に密着している。どうしたら国民が政治や選挙に関心が持てるのだろうか?ヒントは教育だ。自分は学校で政治や選挙について授業を受けた記憶が非常に薄い。小学生の頃から政治や選挙について関心の持てる授業をする必要があると思う。例えば、国会中継を見せる。議員の仕事場を見せる。ネットで政治家のHPを閲覧させる等だ。政治家はお金で動く等の悪いイメージも払拭させたいものだ。子供達に日本をどんな国にしたいと思うのか考えさせるのも大切だ。子供達が国を良くしたい。その為に議員になりたいと思う授業をする必要がある。投票できる年齢になったら喜んで選挙にいけるよう、ぜひ教育に取り入れて欲しい。


posted by あがさ at 11:32| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

パチンコ問題 「反パチンコ 桜井誠 講演会 5/3」




5/3「桜井誠 講演会」要約(思い出せる部分だけ)
桜井誠氏のお話はユーモアに富み面白く、それでいて大変分かりやすいお話でした。

・パチンコ協会に「日本中にある全てのパチンコを止め、全廃しろ」と申し入れをしたら、広島のヤーさんから『桜井誠は金で話がつく相手なのか?』と連絡があった。仲介した人が『桜井はそんな男ではない!』と断った。「私(桜井)はお金が大好きでございます。勝手に断らないようにしてください。よろしくお願いします」とまずはギャグでお客さんの心を掴んでスタート。

・パチンコ協会へ行ったら、黒服の男達がザーッと並んで警備していた。警察であのお男達は誰なのか聞いたら『あれは元警察署のOBです』(警察とパチンコ業界の癒着が酷い!これすごく恥ずかしいこと。ぜひ警察、警察OB会へ抗議しよう!)

・地方のテレビ局→不景気になりパチ屋がスポンサー、パチンコのCMだらけ。パチンコ問題について取り上げられない。

・北朝鮮問題。
北朝鮮の国家予算約3200億円。日本の国会で報告された北朝鮮への送金年間700億円(報告されていないお金があるはず。実際はもっと多いだろう)。ロケット打ち上げに使われた金額約600億円。
国家予算3200億円の国が600億のロケットを打ち上げられる訳が無い。あきらかにパチンコマネーが使われている。日本人は自分で自分の首を絞めている。

・六本木の闇カジノ、パチンコと同じ3点方式(パチンコの景品→交換所で現金に換える)で「賭博法違反で摘発」!って言うことはパチンコは違法賭博!
なぜパチンコの3点方式は摘発しない!?ここでも警察とパチの癒着が問題。

・約500台の中型店舗で1ヶ月経費が約4000万かかる。売り上げをそれ以上5000万以上は上げないといけない。何も作っていない、何も売っていないのに売り上げが5000万。だからパチンコは何も生み出さない0産業。客はただお金を捨てているだけ。

・三重の12月31日パチンコ24時間営業(伊勢参りの客へトイレを貸すためという名目)特別条例へも言及。去年、在特会が三重へ止めるよう陳情を出した。本当は請願にしたかった。請願は三重の県会議員の賛同が必要。県会議員に当たってみたが真剣に取り上げてくれる議員がいなかった・・・(三重に住んでいる県民の意識改革が必要)

・韓国民団の機関紙に「パチンコと貸金業は民団の基幹産業」とはっきり記載。日本が大嫌いな国へ日本人は貢いでいる。そして、ギャンブル依存症という病気になり、家庭内不和、パチンコが原因の自殺(年間約3000名)、犯罪を生んでいる。

と、まぁパチンコの害悪を中心に書きましたが、パチンコは30兆円産業→20兆円産業とあきらかに衰退してきております。

・もしパチンコが衰退したら
『テレビ局がパチンコ問題隠蔽、在日の犯罪を隠蔽、韓国の危険性の隠蔽、韓国賛美などを止めさせることができる』

『北朝鮮への送金が減る。ロケット開発、原発実験を止めさせることができる』

『警察との癒着を止めさせられる』

『政治家への献金が減り、在日問題を取り上げてもらえる』

身近にパチンコに嵌っている人がいたら、ぜひ、パチンコの怖さを伝えましょう!
パチンコをやめさせましょう!
posted by あがさ at 09:04| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。