2014年01月19日

八木秀次「徴兵される在日韓国人・中国人らは相手国の『潜在的兵士』。参政権付与は論外」

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140118/edc14011809020003-n1.htm
第29講 「国防」意識欠如で起きる問題 八木秀次先生
2014.1.18 08:59

「国防の義務」と外国人参政権の問題を考えてみましょう

 前回は、近代の国家は「国民国家」という性格を持ち、「国民」全員が国防の任を負うこと、そのため各国の憲法には「国防の義務」の規定があるが、日本国憲法にはなく、近代国家の憲法としては異例であることを指摘しました。

・明文規定なくとも

 ただ、我が国も近代国民国家であることには違いなく、憲法に明文上の規定はなくとも日本国民には「国防の義務」があると考えるべきです。

 「国民」が国防の義務を負うことは個々の国民の好むと好まざるとに関わらないことです。例えば、我が国には歴史的経緯から数多くの韓国籍の人が住んでいます。在日韓国人です。

 彼らの多くは日本で生まれ育ち、交友関係や生活の基盤も日本にあり、韓国への帰属意識は薄く、韓国語はできず、日本語を母語としています。文化的には日本人と変わらず、国籍だけが韓国にあるという存在です。

 そこから在日韓国人に日本の参政権を与えてはどうかという主張があり、彼らの団体もそれを強く求めています。

 しかし、在日韓国人の国籍は韓国にあります。大韓民国の国民であり、韓国の「国防の義務」を負う存在です。韓国の憲法が「すべて国民は、法律の定めるところにより、国防の義務を負う」(第39条)と規定しているからです。

 韓国は徴兵制を採用してもいます。現在のところ、韓国の国内法で徴兵の対象は韓国の国内に住民登録をしている者のみとし、在日韓国人を除外していますが、憲法では「国防の義務」はあり、国内法が変更されれば徴兵の対象となります。要するに在日韓国人は韓国の「潜在的な兵士」なのです。
これは韓国籍の人に限りません。中国籍など他の外国人も同様です。ある国に国籍を有するということは、その国の「国防の義務」を負う存在ということであり、その国の「潜在的兵士」という性格を持つということなのです。

・外国人参政権は論理破綻

 その「潜在的兵士」である外国籍の人に、我が国の国家意思の形成に参画する権利(参政権)を賦与(ふよ)することは論理的に成り立たないことです。地方参政権ならいいではないかという意見もありますが、地方自治は国家行政の一部を担ったもので、その意思形成にやはり外国の「潜在的兵士」を参画させることは主権国家として論理的にできないことです。

 これは外国人を排除する「排外主義」とは無関係です。民族差別でもありません。近代の「国民国家」の性質として、それぞれの国の国民が「国防の義務」を負う存在であることから来る当然の帰結です。

 もちろん、日本国籍を取得すれば、出身民族に関係なく、地方のみならず国政の参政権も得られます。現に日本国籍取得後に国会議員や国務大臣になった人もいます。

 外国人参政権という主張が生じるのも憲法に「国防の義務」の規定がなく、国民に自覚がないためといえるでしょう。

【プロフィル】八木秀次

 やぎ・ひでつぐ 高崎経済大学教授。早稲田大学法学部卒、同大学院政治学研究科博士課程中退。専門は憲法学、思想史。政府の教育再生実行会議委員、フジテレビ番組審議委員、日本教育再生機構理事長。著書は『国民の思想』(産経新聞社)、『憲法改正がなぜ必要か』(PHPパブリッシング)など多数。51歳。
posted by あがさ at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

【動画】日本ユニセフ協会大使アグネスチャンの正体

posted by あがさ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

寄付するなら正規のユニセフヘ!unicef(ユニセフ)と日本ユニセフは別モノ

888389430_107.jpg

「日本ユニセフ」は、有名な「UNICEF」(国際連合児童基金)とは別物の団体です

<正規 国連のunicef(国際連合児童基金)>

ユニセフ東京事務所(黒柳徹子)

UNICEF(国際連合児童基金)が直接任命しています。黒柳さんは、募金を1円も残さず届けることで有名 です。

長年慈善活動をされている第一人者の黒柳さんは、アグネスさんの募金ピンハネを非難しています。

善意、寄付、募金を100%届けてもらいたい方は以下の口座へ
・みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使

黒柳徹子

・郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子

(注:個人口座のため領収書は発行されず、日本国内法による税制上の優遇措置は得られません)

<「日本ユニセフ」アグネス・チャン>

豪華なビルを2件所有。自宅豪邸には大理石、エレベーター、30畳リビング、シャンデリア、と豪華すぎる内装。テレビで自慢 。25億円の豪華ビルも建てました。 2001年6月、25億円を使って、都内でも有数の一等地である港区高輪に、協会のビル「ユニセフハウス」(地下1階、地上5階建、延床面積3,702平方メートル)を建設した。

・危険な「ソマリア」に行ったようにアピールするも、実際に行ったのはアフリカ一安全な「ソマリランド」

・ハイチ地震で集めた募金も25%ピンハネ

・中国の児童虐待、モンゴル・チベットの問題は決して口にしない

(25%ピンハネされますが、領収証が発行され、税制上の寄付による優遇措置が受けられます)

<「日本ユニセフ」の問題点>

・日本ユニセフ協会はユニセフから直接委任を受けてできた団体ではない

・団体は日本でユニセフに関係した代表的な活動を行っている黒柳徹子氏から詐欺的団体として激しく糾弾されている

・黒柳氏に「寄付を集めているなら協会を通すようにしてもらえませんか」と持ちかけたところ「寄付金は無駄にせず全額送りたいので」と断られる

・HPは国連ユニセフと誤解を与えるような作り

・25%を事業費に使う→管理費、宣伝費、無駄に多い役員の高給、飲食費

・毎日新聞が変態記事を海外に配信→海外から日本へ批判がくる→アグネス、日本ユニセフが児ポ法推進

・日本ユニセフの評議員には毎日新聞幹部多数、役員には天下りらしき人々がずらり

・DMが消費者センターで問題になっていると新聞記事に載る

・児童ポル/ノの禁止を訴えているにも関わらず、ソフトオンデマンドからの寄付を受け取っている。 高橋がなりのブログにて明らかになる。 ソフトオンデマンドはレイ/プ、痴漢などの鬼/畜アダル/トビデオを販売する会社である。

☆UNICEFのサイトのリンクには、日本ユニセフ協会は掲載されています。25%ピンハネされ、莫大な利益がこの協会に流れますが、その残りを国連unicefに届けているため、詐欺にはあたらなためです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寄付をするなら正規のユニセフヘしましょう。募金が無駄になりません。
posted by あがさ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。