2014年02月26日

意見提出

毎日、日本のためお疲れ様でございます。ストレスをためた女性保育士の中に後輩を虐め(準備してきた教材をケナシ明日までに作り直せと無理難題を言う)体験に来た学生に必要以上に厳しくあたり(子供の前で怒鳴り廊下に立たせるなど)意欲のある人物を潰してしまう人がいます。その理由の一つは保育の難しさ、親との関係などもありますが、狭い世界の中しか知らず、毎日「先生、先生」と呼ばれ『自分が正義』だと思い込み世間の常識を欠いているために起こっています。見た目の良い子を可愛がり(写メを撮って自慢する先生)見た目の悪い子にはきつく当たりえこひいきをします。少し障害を持ったまだ言葉が出ず親に言えない子供に「○○ちゃんは明日はお休みだよね〜」と平気で言ったりします。それを不快に思った先生が注意を促そうものならその先生を虐めます。園長先生が正義感のある人ならば良いのですが中には園長自らが先生を色分けしえこひいきします。特に私立だと身内が理事・園長なので園長を変更することもできません。これでは本当に子供に愛情を注ぎ育みたいという情熱を持った人物、正義の心を持った人物が潰されてしまいます。男性の保育士を増やし各現場に投入するのも一つの手だと思います。現場をチェックする体制も必要だと思います。保育士を研修し、ストレスの発散の仕方、『世間一般の常識』を持ち、愛情を持って子供と接する事のできる現場を造っていって欲しいと思いました。

フランスで開かれたアングレーム国際漫画祭で韓国が慰安婦漫画を出展し日本バッシングをしました。主催者側は韓国の慰安婦漫画は認め、日本側の用意した反論用の漫画は出展を拒否されました。韓国はこの漫画祭に慰安婦漫画を出すため10年かけて主催者を説得しました。アメリカでも慰安婦碑が次々建てられ日本バッシングが進んでいます。韓国の後ろでは中国が糸を引いていると言われています。中国と韓国の最終目標は中国系あるいは韓国系のアメリカ大統領を出す事だと言われています。そのために彼らは地方議員・役員を進んでやり自分達の主張を認めさせていっています。彼らは目標を立て用意周到に動いているのです。日本は遅れすぎです。日本も目標を立て計画的に動くべきです。日系議員、日本に友好的な議員を増やすべく立ち上がるべきなのではないでしょうか?そうしなけば本当に20年後30年後、日本は無くなっているかもしれません。日本は他国を貶める為に動く事はありませんが、中国と韓国は日本を貶める為にやっています。だから日本は決して負けてはならないのです。今、我々は本気で立ち上がらなければならないと思います。

日本も先回りし計画を立てて行動を
仏で開かれた国際漫画祭で韓国が慰安婦漫画を出展し日本バッシングをしました。主催者側は韓国の主張は認め、日本側の主張は退けました。韓国は10年かけて主催者を説得しました。米でも慰安婦碑が次々建てられ日本バッシングが進んでいます。韓国の後ろでは中国が糸を引いていると言われています。中国と韓国の最終目標は中国系・韓国系のアメリカ大統領を出す事だと言われています。そのために彼らは地方議員・役員になり自分達の主張を認めさせています。彼らは目標を立て用意周到に動いているのです。日本も目標を立て計画的に動くべきです。日系議員を増やすべく立ち上がるべきなのではないでしょうか?マスコミに関してもそうです。そうしなけば本当に20年後30年後、日本は無くなっているかもしれません。中国と韓国は日本を貶める為にやっています。なので我々は負けるわけにいかないのです。今、本気で立ち上がらなければならないと思います。

日本のため、日々お疲れ様でございます。
アメリカでさらに慰安婦碑、慰安婦像が設置されようとしています。韓国系・中国系が進めていたオーストラリアでの慰安婦碑設置は見送られました。オーストラリアでの阻止は、「民族・人種差別」を助長するとしての抗議で見送られました。アメリカで既に日系人が差別を受けています。アメリカでの抗議もこの「差別を助長する」と訴えるのは、とても効果的だと思います。『日本は様々な努力をしてきたのに、それを受け入れなかったのは韓国だ。韓国・(中国)のやり方は必要以上に争いを起こす人種差別だ』と日本政府からも各国に発言していく必要があると思います。せっかく作った外務省の「未来志向の日韓関係を目指して」の英語版もどれほどの人も見ていません。宣伝しなければ見てくれるはずがありません。その上で、慰安婦増設置は、裏で日米離間を工作する中国・韓国の暴挙である事をアメリカの中枢に訴え、理解を求めることが必要です。これ以上の日本人虐めをストップさせる必要があります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

各界に潜む反日企業の資金を断って欲しい
世界中で韓国と中国が反日に勤しんでいるが、残念ながら反日は日本の中のあらゆる分野で根を下ろしているようだ。テレビでの反日は言うまでも無く、スポーツ界にも潜み純粋な日本人の選手が活躍するのを妨害しているとの告発がなされた。それもこれも反日人物がトップに立つからな訳だが、日本人は控えめな性格からか責任を持ちたくないからかトップに立とうという積極性に乏しい。お隣の国のような教育で人を騙したり貶めてまで勝とうとするのは間違っているがもう少し積極性が欲しい。何よりも一番の問題は反日企業の膨大な収益と脱税を見過ごしてきた点である。反日企業はその膨大な収益を使って政治・警察・司法・教育・スポーツ界・テレビ界等に入り込みトップを反日の人物に挿げ替え、自分達にとって都合の良い施策を行わせていったのである。日本人が目を覚まし、トップに立つ人物を見極める事と、反日企業の膨大な収益について今一度考えて欲しい。
posted by あがさ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

日本にスパイ罪はない 「西新井事件」で工作員を逃した法の壁

日本にスパイ罪はない 「西新井事件」で工作員を逃した法の壁
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/snk20131217528.html
産経新聞2013年12月17日(火)12:16

 昭和60年3月1日早朝、外事警察の捜査員たちは緊張した面持ちで東京都足立区西新井本町のマンション前に立っていた。ここをはじめ十数カ所の家宅捜索が一斉に始まった。

 戦後史に残るスパイ事件「西新井事件」の捜査が本格化した瞬間だった。北朝鮮工作員が身寄りのない日本人男性の戸籍を買い、男性になりすまして十数年にわたって活動していた事件だ。

 この捜索の3年前、捜査の端緒となった情報を警視庁にもたらしたのは韓国情報機関だった。「小住健蔵なる日本人は北朝鮮のスパイだ」。「小住さん」は数年前から突然、活動が活発になり、免許や旅券を取って会社まで起こしていた。「小住さん」になりすましていたのは朝鮮労働党対外情報調査部の工作員、チェ・スンチョルだった。

 中肉中背、引き締まった顔付きで目立たない男。40代のチェは用心深く行動していた。内偵を始めた捜査員はあることに気づく。自分たちの他にも複数の組織が追尾している。韓国情報当局、それを警戒する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)、そして謎の日本人だった。

 「調べて驚いた。米CIA(中央情報局)が日本人に作らせた探偵社で30人もの要員を抱えてチェを追っていた」。対北情報捜査の現実がそこにはあった。チェの正体は極東地域の大物工作員だった。

 背後に迫る捜査を感知したチェは、58年にマレーシアに出国し、こつぜんと姿を消した。

 ◆「丸腰では戦えない」

 主犯は消えたが、捜査は続いた。警視庁は、会社を引き継いだ在日朝鮮人の男が「土台人」と呼ばれる補助工作員であることを突き止めた。男は深夜のラジオ放送で北朝鮮の指令を受けていた。だが、日本にスパイ罪はない。捜査員は苦心して会社の登記に虚偽の記載があることをみつけ、公正証書原本不実記載容疑で、チェがいない中、ようやく家宅捜索に踏み切れた。

 捜査に加わった元公安刑事が言う。「われわれに武器をくれといいたい。日本は各国機関の情報戦の舞台なんです。令状が取れない。だから外国人登録法違反や、公然わいせつ罪まで使ったこともある。はっきり言って、罪状の捏造(ねつぞう)ですよ。これでは戦えない」

 消えてしまったチェは蓮池薫さん(56)、祐木子さん(57)を拉致した実行犯の一人で、日本人拉致に深く関与していた。北朝鮮帰国後は被害者らと頻繁に会っていたことが、平成14年の小泉純一郎首相(当時)訪朝で帰国した被害者らの証言でようやく判明する。チェが国外移送目的略取容疑で国際手配されたのは、西新井事件の家宅捜索の21年後であった。

 ◆法整備求める声も

 スパイ防止法は昭和60年、中曽根康弘政権当時、自民党から国会に議員立法として提出されたが、世論の反発や党内ハト派からの反対で結局、審議未了のまま廃案となった。

 また、逆に情報を集めて分析する対外情報機関の創設については、小泉政権時に「対外インテリジェンス機関(仮称・対外情報庁)」構想として検討されたが、研究に終わっている。

 この構想の中心人物だった大森義夫・元内閣情報調査室長はこう述べる。

 「法整備、情報機関の創設とも簡単ではないが、日本はまずカウンターインテリジェンス(防諜=敵の諜報活動を防御する)から始めるのが現実的だろう」

 日本では北朝鮮だけでなく、中国、ロシアなどもさまざまな諜報活動を行っている。一方で質の高い情報が上がらなければ、国家が意思決定を誤る事態はいつでも起こり得る。

 拉致被害者の家族からも法整備を訴える声が上がっている。増元るみ子さん=拉致当時(24)=の弟、照明さん(58)はこう訴えている。

 「日本で拉致実行犯の協力者が普通の生活をしていること自体が信じられない。スパイ防止法を成立させ、工作員や協力者を摘発するシステムをつくってほしい。私の姉も私たち家族も人生の長い時間を犠牲にしてきたが、それを無駄にしないために、日本はやることがあると思っている」
posted by あがさ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

ブラックな候補者を比例区で支持したくない場合はこうする



ブラックな候補者を比例区で支持したくない場合はこうする
posted by あがさ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする