2017年03月29日

ヘイト法について自民党に意見を送ろう!

西田昌司議員が有田よしふ議員と関わって作ってしまったヘイト法が各地に飛び火し、罰則付きの条例となって制定されている。今度は名古屋市だ。名古屋ではなんと自民党議員が言いだしっぺ。
西田議員もこれで、いかに在日が狡猾に日本の各界に入り込んできたかよく分かったのではないか?マスコミ、教員、公務員、司法試験免除、政治。やりたい放題。これから在日の犯罪を語っただけでヘイトだと言われかねない。
自民党の上部から罰則付きは憲法違反だから自民党議員は反対するよう伝達してもらう以外、止める方法はない。
ぜひ、自民党に意見を送ろう!
https://www.jimin.jp/voice/

日夜、お疲れ様でございます。自民党の西田議員が関わって制定されたヘイト法が各地に飛び火し罰則付きで条例となってきています。今度は愛知です。愛知の言い出しっぺは自民党議員です。在日がマスコミ、教員、司法、政治、各界に入り込み、自民党、ひいては日本政府に大打撃を与えている事は承知の事実です。ヘイト法が罰則付きで制定されたら在日の犯罪でさえ何も言えなくなります。日本政府、自民党上部から罰則付きに反対するよう伝達して頂くより、これを止める方法がありません。欧米ではすでに移民の犯罪が隠蔽されています。何も言えなくなる前に上部から伝達して頂く様よろしくお願いいたします!!
posted by あがさ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448527367

この記事へのトラックバック