2013年10月30日

コリアびっくり 韓国が自国の軍隊の指揮権を持っていない理由とは

韓国が自国の軍隊の指揮権を持っていない理由とは

世界中で、自国の軍の指揮権を持っていない恥ずかしい国は韓国ぐらい。
これには歴史的経緯があって、韓国は独立した時には完全な統帥権を持っていた。

ところが朝鮮戦争が始まった時に、韓国の李承晩大統領が首都を捨て、北の軍隊が追いかけてこないように橋を落として逃亡したため、最前線で交戦中の韓国軍は孤立無援となり、防衛線が崩壊した。

これに怒ったマッカーサーが、韓国の大統領に 「兵士に逃げずに戦うように命じろ」と言ったところ、
李承晩大統領は 「指揮権を米軍に譲るから代わりに指揮してくれ。私は逃げる」といって、指揮権を移譲する書類にサインして飛行機に飛び乗って逃亡してしまった。

それ以来、米軍が韓国軍の指揮権を持っているというわけ。
posted by あがさ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック