2013年09月26日

伝えなければいけないこと1

This is a machine translation.

I want to talk first.
I work with a Chinese and a Korean residing in Japan by work.
I have not discriminated against a Chinese and a Korean residing in Japan. I work very peacefully.
The Chinese whom I know is serious very kindly. The Korean whom I know residing in Japan is a gentle person.

It will be very splendid if people of the world can make friends!
I have prayed so many times.
However, the reality is not so.

It is a fact to talk now.
It is never a bad-mouth.

South Korea is a country of anti-Japanese.
Schools in South Korea, they are trained to hate Japan.
Please look at the picture of the children of Korea.
You can draw a picture to drop a bomb on Japan, the children of South Korea, draw a picture vine Tread On foot.

South Korea has an exhibition of his paintings at the station of South Korea.
At the station of South Korea, I was an exhibition of paintings of anti-Japanese.

I must say again.
It has the person who is good for a Japanese and a bad person. There are the person who is good for a Korean and a bad person.
I do not want to hate Korea.
I want to get along well if I can do it.
However, as for most of Koreans, a Korean is very in danger because I regard Japan with hostility.

There was an incident by Koreans recently.

It came into the Japan, Korean was raped many women in Japan.

Korean residents was the indiscriminate murder in Osaka.
Korean residents of criminal said this.
"You do Japanese genuine?"
If you answer "likely", the culprit was stabbed with a knife that person.
Japanese two people fell victim.

In addition, Koreans came to the shrine of Japan, was he's flicking a fire sprinkle of toluene.
Fortunately, the guards were overpowered the culprit.

This is the case of Korea, 90-year-old old man was killed in Korea.
When you said, "reign of Japan was good," and why this old man was killed, I was killed by a drunken youth.

Koreans to the delight large earthquake occurs in Japan.
Korean is to say "a lot more, I wish I die is Japanese" he said.

Is it that sad!
Japanese are quiet people.
Japanese is good-natured, it is easy to be fooled.
A long time, the Japanese had been silence.
But the question is whether that would solve if you are silent?
Japanese or would that Lero killed just silently?

Japanese began to raise their voices.
"Do not involved If you dislike the Japanese!"
"If you commit a crime, and me went out from Japan" and
And "lay off the discrimination against Japanese"
It is to defend the Japanese.

But what if?
"Japanese are racist" and Korean-Japanese, Korea is referred to as "lay off the discrimination against Koreans".

I say again.
I do not have to want to hate Korean.
Nothing but, I am just want to know the real Japan.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは機械翻訳です。
最初にお話したいと思います。
私は仕事で日本に居住する中国人と韓国人で作業。
私は在日中国人や韓国人を差別していない。私は非常に平和的に働く。
私が知っている中国人は非常に親切に深刻である。私は在日韓国人知って優しい人です。

世界の人々が友達を作ることができれば非常に立派になります!
私はそう何度も祈った。
しかし、現実はそうではありません。

それは今では話をするという事実です。
それは悪い口になることはありません。

韓国は反日の国です。
韓国の学校、それらは日本を憎むように訓練されています。
韓国の子供たちの絵を見てください。
あなたは日本に爆弾をドロップするように絵を描くことができ、韓国の子どもたちは、足の上の画像のつるトレッドを描く。

韓国は韓国の駅で彼の絵画の展覧会を持っています。
韓国の駅で、私は反日の絵の展覧会だった。

私は再び言わなければならない。
それは日本のためによい人と悪い人を持っています。韓国のためによい人と悪い人があります。
私は韓国が嫌いにしたくない。
私はそれを行うことができれば仲良くしたい。
私は敵意と日本を考えるので、韓国人のほとんどのように、韓国では非常に危険です。

韓国で事件が最近ありました。

それは、日本に入ってきた、韓国、日本で多くの女性をレイプした。

韓国の住民は大阪の無差別殺人だった。
犯人の韓国人住民はこのことを言った。
"あなたは日本の本物ですか? "
あなたは"おそらく"を答えた場合、犯人はその人をナイフで刺された。
日本人二人が犠牲になった。

また、韓国人は、彼が、トルエンの火災ふりかけをフリックだた、日本の神社に来ました。
幸いなことに、警備員は犯人を取り押さえました。

これは、韓国の場合は、 90歳の老人は、韓国で殺された。
あなたが言ったとき、 "日本の統治は、良かった"と、このおじいさんが殺された理由を、私は酔った若者に殺された。

喜び大地震への韓国人は日本で発生します。
韓国は"もっとたくさん、私は日本人である私は死ぬしたい"と言うことであると彼は言った。

その悲しいです!
日本人は静かな人々です。
日本人は気立ての良いですが、それはだまされやすいです。
長い時間では、日本人は沈黙していた。
しかし、問題は、あなたが沈黙している場合、それが解決するかどうかです?
日本語またはレロはただ黙って殺されていることでしょう?

日本人は彼らの声を上げ始めた。
"あなたは日本人を嫌う場合は関与しないでください! "
"あなたは犯罪を犯して、私は日本から出て行った場合"と
そして、 "日本人に対する差別を解雇"
それは日本人を守るためです。

しかし、どのような場合?
"日本人は人種差別主義者である"と韓国と日本、韓国が"朝鮮人に対する差別を解雇"と呼ばれています。

私は再び言う。
私は韓国嫌いたくはありません。
ただただ、私は本当の日本を知ってほしいだけなのです。
posted by あがさ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック