2013年08月21日

寄付するなら正規のユニセフヘ!unicef(ユニセフ)と日本ユニセフは別モノ

888389430_107.jpg

「日本ユニセフ」は、有名な「UNICEF」(国際連合児童基金)とは別物の団体です

<正規 国連のunicef(国際連合児童基金)>

ユニセフ東京事務所(黒柳徹子)

UNICEF(国際連合児童基金)が直接任命しています。黒柳さんは、募金を1円も残さず届けることで有名 です。

長年慈善活動をされている第一人者の黒柳さんは、アグネスさんの募金ピンハネを非難しています。

善意、寄付、募金を100%届けてもらいたい方は以下の口座へ
・みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使

黒柳徹子

・郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子

(注:個人口座のため領収書は発行されず、日本国内法による税制上の優遇措置は得られません)

<「日本ユニセフ」アグネス・チャン>

豪華なビルを2件所有。自宅豪邸には大理石、エレベーター、30畳リビング、シャンデリア、と豪華すぎる内装。テレビで自慢 。25億円の豪華ビルも建てました。 2001年6月、25億円を使って、都内でも有数の一等地である港区高輪に、協会のビル「ユニセフハウス」(地下1階、地上5階建、延床面積3,702平方メートル)を建設した。

・危険な「ソマリア」に行ったようにアピールするも、実際に行ったのはアフリカ一安全な「ソマリランド」

・ハイチ地震で集めた募金も25%ピンハネ

・中国の児童虐待、モンゴル・チベットの問題は決して口にしない

(25%ピンハネされますが、領収証が発行され、税制上の寄付による優遇措置が受けられます)

<「日本ユニセフ」の問題点>

・日本ユニセフ協会はユニセフから直接委任を受けてできた団体ではない

・団体は日本でユニセフに関係した代表的な活動を行っている黒柳徹子氏から詐欺的団体として激しく糾弾されている

・黒柳氏に「寄付を集めているなら協会を通すようにしてもらえませんか」と持ちかけたところ「寄付金は無駄にせず全額送りたいので」と断られる

・HPは国連ユニセフと誤解を与えるような作り

・25%を事業費に使う→管理費、宣伝費、無駄に多い役員の高給、飲食費

・毎日新聞が変態記事を海外に配信→海外から日本へ批判がくる→アグネス、日本ユニセフが児ポ法推進

・日本ユニセフの評議員には毎日新聞幹部多数、役員には天下りらしき人々がずらり

・DMが消費者センターで問題になっていると新聞記事に載る

・児童ポル/ノの禁止を訴えているにも関わらず、ソフトオンデマンドからの寄付を受け取っている。 高橋がなりのブログにて明らかになる。 ソフトオンデマンドはレイ/プ、痴漢などの鬼/畜アダル/トビデオを販売する会社である。

☆UNICEFのサイトのリンクには、日本ユニセフ協会は掲載されています。25%ピンハネされ、莫大な利益がこの協会に流れますが、その残りを国連unicefに届けているため、詐欺にはあたらなためです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寄付をするなら正規のユニセフヘしましょう。募金が無駄になりません。
posted by あがさ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372586597

この記事へのトラックバック