2017年07月05日

名古屋市が作ろうとしている罰則付きヘイトスピーチ条例に反対です

名古屋市が作ろうとしている罰則付きヘイトスピーチ条例に反対です。
名古屋市で罰則付きのヘイトスピーチ条例が検討されています。
ヘイトスピーチの定義が曖昧であるにもかかわらず、ヘイトするおそれがあると言うだけで、市民会館や道路や公園を貸さないということが想定されます。
以下、名古屋市人権施策推進課、意見ページ
http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/62-16-2-4-0-0-0-0-0-0.html
に送ったメールです。
「名古屋市が作ろうとしている罰則付きヘイトスピーチ条例に反対です。
最近、作家の百田直樹氏が一橋大学での講演会が妨害により中止となりました。妨害の先駆者となったのは一橋大学の院生で在日韓国人の学生でした。理由はヘイトスピーチを行うおそれがあるからという理由でした。
またその直後、東京都江東区での香山リカ氏の講演会が妨害により中止になりました。
これらの講演会で、百田直樹氏と香山リカ氏が大勢の人が見に来ている中、ヘイトスピーチするとは思えません。
これは言論封鎖、言論弾圧と言ってよいと思います。
結局、罰則付きの条例など出そうものなら、自分達の都合のよい解釈でヘイトだと決め付け、言論空間を歪める事になります。
ヘイトの定義は曖昧です。勿論、死ねや殺すなどの言葉、嘘を並べ立てるなどはあってはならないことです。
自由と民主主義を守りたいならば、嘘や脅迫でない限り、発言する権利を阻害することはあってはならないと思います。
どうか、言論空間を歪めないために、発言の自由を奪わないでください。
よろしくお願い申し上げます。」
「ヨーロッパでは移民に対し、テントに放火・襲撃など過激な事件がおきていますが、日本では過激な事件は聞きません。逆に神社仏閣にいたずら、放火が外国人によりおきています。また、大阪では「お前は生粋の日本人か?」と聞きながら日本人が包丁で刺される事件がおきています。
拉致被害者問題や北朝鮮のミサイル問題、竹島についてデモをしたり講演会を開こうとすると、「それにかまけてヘイトするな」と妨害されます。もし罰則付き条例を出そうものなら、日本人のみが言いたいことも言えなくなるのは目にみえています。
逆差別をしないでください!日本人の人権を守ってください!
よろしくお願いします!」
posted by あがさ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。