2014年05月18日

共産主義の恐怖

 旧ロシア(ソビエト連邦共和国)の強制収容所・、密告制度と秘密警察による言論・思想弾圧、スターリンの大虐殺。
 北朝鮮の強制収容所問題、拷問・弾圧による恐怖支配、飢餓問題、そして拉致問題。
 支那(中国)による文化大革命・天安門事件による大虐殺、思想・言論の統制弾圧。
 共産主義国家はそろってもそろって自国民を大虐殺している。
 北朝鮮では未だ恐怖政治を行い、強制収容所で数十万人を強制労働、拷問、飢えにさらしている。今現在この瞬間に拷問をうけ、痩せすぎて消化器官が働かず食べ物が全て駄々流れして飢えて死を待つのみの人達がいる。それをわかっていて北朝鮮を後ろから支えてきた支那(中国)。
 韓国はいったい何を考えているのだ。最も非難すべきは支那ではないか!支那に擦り寄り日本の過去ばかりを問題視している。恐怖に怯える同じ民族を救いたいと本気で考えているのか!?
 パチンコや支那へのODAで支那や北朝鮮を支えてきた日本にも大いに問題がある!
 酷い人権問題なのに、支那や北朝鮮の人権には声を上げず、日本ばかりを責める、日本の似非(えせ)人権団体。
 国連は何をしているのだ!欧米では遠い世界での出来事と関心は薄いのであろう。
 共産主義の恐怖、人権無視の北朝鮮と後で支えてきた支那(中国)を世界で訴える必要がある!決して許されるものではない!
 結局のところ、ウイグルやチベットもそうだが、世界は知っていても自国に関係ないとなれば見て見ぬふりなのである。わかっていても実際には手を出せないのだ。
 自分を守るのは自分しかいない。自国を守るのは自国の責任であるという事だ。
 共産主義のプロパガンダにすっかり負けてしまっている日本。
 共産主義の恐怖と酷さを世界中に訴えよう!支那の横暴を許してはならない!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 旧ロシア(ソビエト連邦共和国)の強制収容所・、密告制度と秘密警察による言論・思想弾圧、スターリンの大虐殺。
 北朝鮮の強制収容所問題、拷問・弾圧による恐怖支配、飢餓問題、そして拉致問題。
 中国による文化大革命・天安門事件による大虐殺、思想・言論の統制弾圧。
 共産主義国家はそろってもそろって自国民を大虐殺しています。
 北朝鮮では未だ恐怖政治を行い、強制収容所で数十万人を強制労働、拷問、飢えにさらしている。今現在この瞬間に拷問をうけ、痩せすぎて消化器官が働かず食べ物が全て駄々流れして飢えて死を待つのみの人達がいる。それをわかっていて北朝鮮を後ろから支えてきた中国。
 韓国はいったい何を考えているのでしょうか!?最も非難すべきは中国ではないですか!中国に擦り寄り日本の過去ばかりを問題視している。恐怖に怯える同じ民族を救いたいと本気で考えているのでしょうか!?
 パチンコや中国へのODAで中国や北朝鮮を支えてきた日本にも大いに問題があります!
 酷い人権問題なのに中国や北朝鮮の人権には声を上げず日本ばかりを責める、日本の似非(えせ)人権団体。
 国連は何をしているのでしょう!?欧米では遠い世界での出来事と関心は薄いのだと思います。
 共産主義の恐怖、人権無視の北朝鮮と後で支えてきた中国を世界で訴える必要があると思います!決して許されるものではありません!
 結局のところ、ウイグルやチベットもそうですが、世界は知っていても自国に関係ないとなれば見て見ぬふりなのであります。わかっていても実際には手を出せないのです。
 共産主義のプロパガンダにすっかり負けてしまっている日本。そしてアメリカ。
 共産主義の恐怖と酷さなんて世界は当たり前に知っていると思っているけれども、注意喚起がなければすぐに忘れてしまい経済の話しばかりになります。
 世界中に共産主義、人権無視の中国の横暴を知らせなければならないと思います!そして中国に対して世界から「人権問題を解決せよ!武力行使は容認せず!そうでなれば経済制裁も辞さず」と強く訴え、中国へのODAを減らしてゆかなければなりません。
 日本のため、そして未だ苦しむ共産主義の犠牲者のため、世界での共産主義国家の横暴を止めるために、どうぞよろしくお願い申し上げます!
 
posted by あがさ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | プロパガンダ・情報戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天安門事件 メモ 天安門事件は中国版フランス革命だった

1989年6月4日 天安門事件
天安門事件は中国版フランス革命だった

1989年4月15日、中国共産党の胡耀邦元総書記(こようほう、Fu Yaobang)が心筋梗塞で亡くなり、翌16日、胡氏を追悼するために北京市内の学生たちが天安門広場に集まりました。胡氏は、言論の自由を含む、中国の政治・経済の改革派として知られていたからです。胡氏の追悼集会はまもなく、中国の民主化を求める動きとなって拡大していきました。公務員の汚職を非難し、政治・経済の改革を求める学生たちは一般市民にも広く支持され、天安門広場には10万人を超す人びとが集結し、地方都市に広がっていきました。政府とデモに参加する市民との緊張は高まり、5月20日、戒厳令が発令されました。

6月3日の夜、民主化を求めるデモ隊を排除するため、重装備の部隊と数百の装甲車が北京市内に入りました。部隊はデモ参加者や見物人に向かって手当り次第、あるいは意図的に銃を乱射し、子どもや老人を含む非武装の市民数百人が殺害されました。さらに、動けなくなった市民が装甲車によって轢き殺されました。軍が北京市内を制圧したその後数日のうちに、兵士らによって即決で銃殺された者もいました。

同年6月末に中国政府が発表した公式報告書によると、3000人以上の市民が負傷し、36人の学生を含む200人以上が死亡しました。正確な数字は明らかではありませんが、さらに多くの人が殺害され、軍の介入によるデモ鎮圧後、中国全土で数万人が逮捕されたと推測しています。

拘束された市民の多くは警察や軍によって拷問を受けました。その中には、刑務所に送られた後も拷問され続け、身体と精神に長期の後遺症が残った人もいました。また、デモに加わったとして死刑判決を受け数日のうちに処刑された人もいます。多数の市民が不公正な裁判によって、長期の懲役刑を言い渡されました。
http://www.amnesty.or.jp/human-rights/region/asia/china/tenanmon_1989.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天安門事件記念館が開館、香港 反対派が抗議行動(04/26 20:36、04/26 21:02 更新)
26日、香港にオープンした天安門事件の記念館前で抗議行動をする反対派団体と監視する警官 26日、香港にオープンした天安門事件の記念館前で抗議行動をする反対派団体と監視する警官

 【香港共同】香港中心部のビルで26日、中国当局が学生らによる民主化運動を武力弾圧した天安門事件(1989年6月4日)の当時の写真などを展示する「六四記念館」が正式オープンし、一般公開が始まった。
 一方、記念館前の道路では、学生らが兵士を殺したとして、記念館は「事件の真相を隠している」などと主張する反対派団体のメンバー約20人が抗議行動を実施。記念館側と激しく口論し、数十人の警官が出動する騒ぎになった。
 抗議行動に加わった男性は「記念館は、支持者から寄付金を集めるために一部の情報しか公開せず、事件の全てを伝えていない」と批判した。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/535861.html?rss
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
観覧注意 中国共産党による人民大虐殺 四六天安門事件(保守速報)
http://hosyusokuhou.jp/archives/37365271.html?p=4


天安門広場に集まる市民1989年.jpg
天安門広場に集まる市民1989年

戦車の前に立つ民主化を求める市民 1989年.jpg
戦車の前に立つ民主化を求める市民1989年
posted by あがさ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。