2013年08月09日

韓国応援団「レッドデビルズ」の意味不明、それでも日本にイチャモンつける"嘘つきは泥棒の始まり"

http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/130809/wsp13080907010006-n1.htm

韓国応援団「レッドデビルズ」の意味不明、それでも日本にイチャモンつける"嘘つきは泥棒の始まり"

 サッカー東アジア・カップの日韓戦で「歴史を忘れた民族に未来はない」との横断幕を掲げた韓国の応援団は「レッドデビルズ」というらしい。彼らは何をしに、スタジアムにやってきたのだろう。

・"イチャモン"のために?

 というのは、国際サッカー連盟(FIFA)の処分という後難を恐れた韓国サッカー協会側の要請で、ハーフタイムに横断幕を撤去した後、鳴り物や声援による応援をボイコットしたのにとどまらず、多くがスタジアムから帰ってしまったからだ。ピッチで取材したカメラマンによると、試合終了時にはかなり空席が目立つような状況になっていたという。

 その行動を見ると、彼らがスタジアムに来た目的は、韓国代表チームを応援するためではなく、自分たちの横断幕を掲げたかっただけのように思える。つまり、日本に"イチャモン"を付けたかっただけではないのか。

 この「レッドデビルズ」の行動は「選手を奮い立たせるべき応援団が役割を放棄した」などと韓国内でも批判を浴びているが、それに対する言い訳もメチャクチャだ。

・横断幕は先祖の名言...不思議な言い訳

 韓国紙中央日報(日本語電子版)によると、「レッドデビルズ」は公式ホームページで「試合中に応援を中断したことは弁解の余地がない」と謝罪したうえで、「(日本の応援団は)私たちより扇情的な横断幕を掲げていた」と旭日旗に難癖を付けた韓国サッカー協会と同様に、日本側に非があるような独善的な主張を展開した。

 さらに、横断幕の文言については「私たちが私たちの言葉で、私たちの選手に精神武装させる先祖の名言が政治的な主張になるのか、よく分からない」と摩訶(まか)不思議な釈明を行った。

 「歴史を忘れた民族に未来はない」が先祖の名言なら、「嘘つきは泥棒の始まり」や「口は災いの元」といった「ことわざ」も知っておいてほしいものだ。そういった自身を戒める先祖の名言は、韓国には存在しないのだろうか。

・助言は永久追放

 こんなハチャメチャな応援団を抱える韓国サッカー協会も大変だ。いくらFIFAの規定に抵触すると諭しても、独自の論理で悪びれないどころか、逆ギレして応援をボイコットするような悪態をつく。まるで聞き分けのない子供のようだ。

 韓国サッカー協会は横断幕を撤去するよう要請したことを強調し、自身に火の粉がふりかかるのを防ごうとしているが、彼らのために助言するとすれば、イングランドなどの悪質なフーリガン対策のように、人定を行ってスタジアムから永久追放した方がいいのではないか。

 もっとも、韓国内の反日世論に異常に気をつかう韓国サッカー協会には、とても無理な相談だろうが...。

(北川信行)
posted by あがさ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。